「ほっ」と。キャンペーン

K公園近辺の鳥

6月22日 曇り 雨
梅雨真っ只中、毎日鬱陶しく蒸し暑い日が続きます。

先日行ったK公園の近くで出会った鳥たちです。
K神社の楠に毎年、来ているアオバズク・・・。 今年はなんだか様子が変です。
宮司さんのお話によりますと、温暖化のせいか、雨が少なくて楠の葉が茂らないので、
アオバズクが隠れたり巣を作ったりする場所がないそうです。

それでも、やってきたアオバズク、私が撮影に行った時、宮司さんも心配そうに、楠を見上げていました。
ご挨拶もそこそこに、「ほら、あそこに居ますよ」と教えてくださって、「今年はあんな低い所に
いるんですよ。上は葉が少なくてカラスに襲われますから」
私が何枚か撮影していたら、宮司さんが何かを見つけられて、「あっ!」と声を上げられました。
下を見ましたら、アオバズクの片羽だけが無残に血に染まって落ちていました。

巣で卵を温めていたかもしれない♀がカラスに襲われたようです。
近くの枝に居る♂がとても可哀相でなりませんでした。
e0077041_14321895.jpg

e0077041_1432436.jpg

これはK公園の横の川に居たササゴイです。
e0077041_14333686.jpg

同じく、川に居たセキレイの若ですね。
e0077041_14343310.jpg

川の横の道に居たカワラヒワ。 水浴びした直後のようでした。
e0077041_14354117.jpg

e0077041_1436875.jpg

[PR]
Commented by climax_ty at 2007-06-22 16:41
温暖化の影響は、鳥さんたちにも影響大ですね
私達人間の快適さを求めた結果だといえます。
それにしてもドカラスは、憎いやつですね
品種改善でカラスを主食とするあるいは、いじめてくれる
猛禽をつくらないと・・・・カラスハンターとかの名前で(笑)
Commented by yachotori at 2007-06-22 21:12
アオバズクもカラスの犠牲になったとのこと、残念ですね。
こちらでもアオゲラの巣に蛇が入ったり、サンコウチョウが
カラスを追い払うのに必死だったりなどを見ました。
子育ての時期、悲しい場面もたくさん見たり聞いたりしますが、
少しでも沢山が巣立って欲しいものですね。
Commented by inariwan3 at 2007-06-22 21:42
最後の写真、ボケ具合が綺麗ですね!
カラスハンター、そんな鳥さんがいたらいいですね!
ウチの周りのカラスは割と良い子ですけどね~。
せいぜいクルミを車にひかせるくらいですから。
それよりスズメのほうがかなり悪い子です。
ツバメの巣を乗っ取ったり、雛を殺したりします。
Commented by rairaj6 at 2007-06-22 23:54
アオバスク♀ 死んでしまったのですか?
重大なことですよね。心が痛みます。本当ならもう卵を温めているころですから・・
Commented by nk-yoshi at 2007-06-23 00:05
アオバズクかカラスに負けるとは本当に可哀想です。毎年葉が新しく
変わり、古い葉が落ちる繰り返しに見えますが、鳥にとって葉の付き
加減が命に関わるのですね。
ササゴイとセキレイはきりりと引き締まって綺麗。カワラヒワはこの
時季羽の色が深みを帯びているように見えます。
Commented by cazu88 at 2007-06-23 00:13
アオバズクの悲劇、心が痛みます。羽を傷めただけで済めばいいですけど
命にかかわって来るとは・・・野生のキビシイ現実なのでしょうね。
ササゴイの羽の模様がとてもシック。セキレイの若鳥のどこか頼りなげな
雰囲気が堪らなくカワイイです。
Commented by 江戸川 at 2007-06-23 15:04 x
今日はー、
アオバズクの名の由来は木々の葉の青葉のころ飛来するから其の名が付いたと聞きます、
アオバズクには苦い思い出があります、もう数年前になりますがある神社に巣営した時です、もちろん撮影にGO-です、蚊に刺されるまでは我慢ですが其の帰り道です、スピード違反で ザ エンド、でした、
其の思い出を回想しながらのコメントです。
Commented by MSKD019 at 2007-06-23 22:12
今年のアオバズクは残念な…心痛む結果になってしまったんですね。。。
また来年もやってきて、今度こそ無事に繁殖して巣立って欲しいですよね!

そういえば、長らくアオバズクを見てないような・・・(^^;
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:22
ヤマさん。 こんにちわ。
カラスは性格も図太いですが、天敵は居ないのでしょうか。
あの無残な光景を見てから、ますますカラスが嫌いになりました。
宮司さんは、もう来年は来ないでしょうね・・・と言ってました。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:27
yacyotoriさま。 こんにちわ。
やっぱり野鳥の世界は厳しいですね。
以前、大きいアオサギがカラスに追っ払われてるのを見て、可笑しかったのですが、
今回のようなことがあると笑ってはいられないです。 憎らしくなりました。
場所替えしてもいいから、また良い場所で子育てして欲しいと願っています。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:33
inariwanさま。 こんにちわ。
え~っ!。雀がツバメのヒナを殺したりするんですか?。
ビックリです。  ツバメが造る丈夫で立派な巣が欲しいのでしょうね。
それにしても酷い!。  自然界は厳しいですね。
自分自身で身を守るしかない・・・。人間の世界も色々ありますが、まだまだ甘いですよね。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:41
rairajさま。 こんにちわ。
ほんとうに残念です。 可愛いヒナをまた撮影に行くつもりでいたんですが、
多分、宮司さんもおっしゃってましたが、卵を温めているところを襲われたのでしょうから、
卵もダメでしょうね。 もう来年は来ないかもしれないと・・・。
ひとりぼっちの雄がちょっと興奮気味で、落ち着きが無かったのが印象に
残っています。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:45
nk-yoshiさま。 こんにちわ。
この神社付近はカラスが増えているのが気にはなっていたんですが、こんなことになるとは!。
とても残念です。 雄が餌を探しに行った隙を狙われたのかもしれませんね。
今の時期は近くではセキレイとカワラヒワくらいしか居ませんね。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:53
cazuさま。 こんにちわ。
私も初めて、こんな酷い場面を目にしてショックでした。
野鳥の世界の厳しさを見せつけられました。
今。セキレイのヒナや若をあちこちで見かけます。
色が薄くてフックラしています。 このセキレイはもうほとんど成鳥ですね。
我が家のベランダにも親子でやってきます。 次にアップしますね。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 11:56
江戸川さま。 こんにちわ。
アオバズクを撮影に行って、スピード違反・・・ですか?。
何かお急ぎでしたか?。  相当いいお写真が撮れたのでは?。
足を蚊に刺された時は、アクセルは慎重に踏まれてくださいね。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 12:02
MSKDさま。 こんにちわ。
来年も来てくれるといいのですが。 今年も何度か場所替えしていたんですよ。
もう来ないかな・・・と思っていたんですが、もしかして・・・と行ってみたら
この有様でした。
このアオバズクの♂はもう来年はここには来ないでしょうね。
とても残念です。  楠の葉がびっしりと茂るようになればいいのですが。
Commented by yachiyo621 at 2007-06-24 13:02
ここ1ヶ月くらい、週末に見に行っていたのですが今年は1度も見つける事ができず、
宮司さんも今年は葉が少ないので場所を点々としている仰っていました。
まさか、こんな事になるとは…。
昨日、夕方に見に行ってみましたが、雄はどこにも居ませんでした。
このまま、どっか行っちゃうのかな。
この雄は来年来ないかもしれませんが、ここを巣立った他の子供が来てくれれば良いですが。
Commented by simanami04 at 2007-06-24 15:16
yachiyoさま。 こんにちわ。
お久しぶりですね。 たまたま行ってみた日にこんなことになっていて
ショックでした。  宮司さんが供養のために写真を撮って、持ってきてください・・・と
仰ったので、なんとか片羽の無残な写真を撮ったのですが、
主人が印刷するのを嫌がって、まだ出来ずに居ます。
来年までに沢山雨が降って楠の葉が茂ってくれるといいですね。
ほんとうに、楠の葉がまばらで、隠れる茂みが少ないのがよく判りました。
とても残念ですね。
by simanami04 | 2007-06-22 14:36 | | Comments(18)

元気!